XLUXESに配合されているヒト幹細胞培養液とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

150種類以上の肌の成長因子が含まれる幹細胞が分泌する成分には、肌の衰えを抑えて、ヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチンの再生力をパワーアップさせるといわれ、いまエイジングケアの切り札として注目されています。XLUXESシリーズはこのヒト幹細胞培養液高濃度に配合し、いままでのエイジングケアでは考えられない肌実感を実現します。

ヒト幹細胞培養液1

幹細胞を培養する時に分泌する分泌液には、グロースファクター(成長因子)が含まれています。 皮膚老化と損傷を防止してくれて、ヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチンの再生力をパワーアップさせるといわれ、 いまエイジングケアの切り札として注目されています。 脂肪細胞由来の 「ヒト幹細胞培養液」成分です。化粧品表示名称では、 「ヒト脂肪細胞順化培養液エキス」と言います。  

【ADSC-CM:Adipocyte(脂肪細胞) Derived(由来) Stem Cell(幹細胞) Conditioned Media(培養液) 】

ヒト幹細胞培養液3

ADSC-CMはCELLINBIO研究所が開発した幹細胞培養液抽出成分です。幹細胞が分泌する成分は成長因子(グロースファクター)やサイトカイン、ケラチノサイト成長因子(KGF)産生を刺激、インターロイキンやSOD(スーパーオキシドジスムターゼ)など、優れた生理的活性効果を持つさまざまな成分が含まれています。ADSC-CM(脂肪細胞由来の 「ヒト幹細胞培養液」)は皮膚老化と損傷を防止し、皮膚組織の再生を促進する高機能成分です。

ADSC-CMは皮膚老化と損傷を防止し皮膚組織の主要高分子のヒアルロン酸,コラーゲン,エラスチンの再生を促進する美肌への切り札になるのです。

ヒト幹細胞培養液2

幹細胞培養液成分の生理的活性能力により、抗老化効果、組織再生効果など、様々な研究結果が報告されています。皮膚生理学上の主要ターゲットであるヒアルロン酸生合成誘導効果を確認し研究報告しています。 「幹細胞培養液成分」とは、幹細胞が分泌する多様な生理的活性を持つペプチドを精製した成分です。

ペプチドは私たちの体を構成するアミノ酸が結合したもので、アレルギー反応の心配が少なく安全であることから、様々な分野で活用が広まっています。

ヒト脂肪由来幹細胞培養液には成長因子やサイトカイン、インターロイキンやSOD等の酵素などの生理活性物質やコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などの細胞外タンパク質成分が豊富に含まれており、シワ改善効果や美白効果、抗酸化作用、発毛・増毛効果等、様々な生理的活性効果が学術発表されています。また、研究分野では幹細胞培養液を活用した再生医療の研究が盛んに行われています。肌だけに特化しているというわけではなく、神経細胞を再生する働きを活用した骨髄損傷による半身麻痺の治療や、骨の再生、歯周病の再生治療等など幅広く再生治療に利用されることができる夢の成分と言われています。

◆ヒト脂肪由来幹細胞培養液の創傷治癒効果   ヒト皮膚線維芽細胞での分泌因子に重要な役割
 
◆ヒト脂肪由来幹細胞培養液の抗酸化作用   酸化ストレスからヒト皮膚線維芽細胞を保護
 
◆ヒト脂肪由来幹細胞培養液のシワ改善・防止効果   分泌因子による皮膚線維芽細胞の活性化
 
◆ヒト脂肪由来幹細胞培養液の発毛・増毛促進効果
 
◆ヒト脂肪由来幹細胞培養液のホワイトニング効果   
TGF-β1の重要な役割:トランスフォーミング増殖因子-β(TGF-β)は、線維芽細胞の形質転換を促進する因子として発見されました。現在では多くの細胞に対してむしろ強力な増殖抑制因子となることも明らかになっているのです。細胞の分化・遊走・接着にも密接に関与し、個体発生や組織再構築、創傷治癒、炎症・免疫、癌の浸潤・転移などの幅広い領域に重要な役割を担っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。